>>来週の夕食は宅配弁当に全部任せよう

【評判・口コミ】アルプスピアホーム 展示場に実際行って感じた魅力と特徴

アルプスピアホーム展示場
スポンサーリンク

先日アルプスピアホームの展示場にでかけてきました。

  • アルプスピアホームはどんな特徴があるのか
  • 説明を聞いて個人的に感じたこと

などまとめたいと思います。

 

目次から好きな項目に飛ぶことが出来ますよ

 

アルプスピアホームの特徴

 

話を聞いて感じたアルプスピアホームの特徴は

  • 子育てファミリーがターゲット
  • 色々な機能や性能を平均的に盛り込んでいる
  • 価格が明瞭
  • 規格住宅の種類が豊富
  • 標準装備がかなり充実

です。

 

子育てファミリー層に強い

 

とにかく一番最初に感じたのが子育てファミリーへの対応に慣れていること。

展示場にプレイルームがあってスタッフの人が説明を聞いている間みていてくれたり、説明をして下さる方も一緒に見て回っている子どもに度々声をかけてくれたりと、全体的に子ども連れで行きやすい雰囲気です。

規格住宅のデザインも、子育て中のパパママが使いやすいようなこだわりがみられ、家事導線の工夫や家事の合間に作業が出来るデスクスペースが作られているなど、子育てファミリーのツボを上手くつかんだデザインの工夫がありました。

 

私、幼稚園で働いていたことがあるのですが、アルプスピアホームで建てましたという声結構ききましたね…。

 

性能面は平均的

 

断熱や耐震といった住宅の性能面は平均的に整っていて、他社と比較して特にここがすぐれていると言える感じではないのですが、これだけ整っていれば良いかなという感じ。

詳しくは次の章でまとめてあります。

 

 

規格住宅の種類が豊富で価格が明瞭

 

とにかく規格住宅の種類が豊富(40種類)

かなり多くのデザインから選ぶことが出来るので、アルプスピアホームで建てる方は規格住宅を選択する方が多いのではないかと思いました。

 

あとは価格が明瞭。

規格住宅の本体価格は全て最初からはっきりと明記してありますし、標準装備が充実しているので後々追加するものも少なく、全体の価格が決定してからの契約となるので、契約後にどんどん値段が上がっていくこともありません。

 

アルプスピアホームの標準装備

  • システムキッチン
  • システムバス
  • ウォシュレット付きトイレ
  • 断熱サッシ
  • 高断熱インテリア玄関ドア
  • 玄関収納
  • テレビドアホン
  • 扉・床・引き戸・壁紙
  • 全室LED照明
  • 室内干し用物干し1本
  • 冷暖房エアコン2台
  • エコキュート
  • 太陽光発電

 

特にキッチンは

  • TOTO
  • TOCLAS
  • Takara Standard
  • EIDAI
  • LIXIL

から選択可能で

  • IHクッキングヒーター
  • 食器洗い乾燥機
  • 人工大理石カウンター
  • 人工大理石シンク
  • 蛇口一体型浄水器
  • 家電収納カップボード
  • ダウンウォール
  • 床下収納庫
  • 同時給排型レンジフード

などが標準装備に含まれています。

 

最近では他社でも標準装備が充実してきていますが、ここまでの装備は珍しい。

 

最初からついているという安心感はありがたいですよね。

アルプスピアホームの標準装備について詳しくはこちらをチェック

アルプスピアホーム標準装備 (公式HPへ飛びます)

 

アルプスピアホームの性能面

 

アルプスピアホームの性能面について、公式HPや営業さんから聞いた情報をざざっと羅列します。

各性能の詳しい特徴は、また自分なりにかみ砕いて、他社の物と比較し、わかりやすくまとめたいと思うので、こちらでは箇条書きで。

 

公式HP の性能面をまとめたページはこちらです

アルプスピアホーム家づくりの原点 4つの柱(公式HPに飛びます)

 

気密性と断熱性

 

高性能断熱サッシ

発泡ウレタン断熱

基礎断熱

壁体内通気工法

 

換気システム

 

第一種換気システム

 

耐震

 

制震ダンパー「ミライエ」標準装備

耐震等級3と同等の構造体が標準

プラットホーム工法

構造用集成材
無垢材と比べて1.5倍の強度を持ち、狂いや縮み変形が発生しにくい

鋼製束
1本あたり垂直荷重2トンに耐える鋼製の束で腐食や床鳴りを防ぎ床を支える

 

アルプスピアホームの値段

 

低価格で高品質を打ち出しているアルプスピアホームの実際の値段はどうなのでしょう。

 

坪単価

40万円代~60万円代

 

規格住宅の値段

 

安い物だと本体価格1198万円のものから高い物だと2620万円の物まで、40種類のプランがあります。

公式HPではすべてのプランの間取りを見ることが出来るので、家づくりの参考に見てみるのもおすすめ。

アルプスピアホーム公式HP プラン一覧

 

ちなみに一番安いプランはこちらの商品ですね。

特別企画プラン 第1弾 ヴィーヴ

 

アルプスピアホームのDM

 

見学に行くと、見学会のお知らせなどを郵送してもいいかたずねられます。

もちろん断ることも可能です。

 

アルプスピアホームでDMを希望するとこんなリーフレットが定期的に届きます。

 

アルプスピアホームDM

 

保険の豆知識や建築の豆知識だけでなく、パソコンの小ネタやフィルター掃除の仕方、イベント情報などなかなかためになる内容で思わず読んでしまいます。

 

この他に完成披露見学会やイベントの情報が定期的に届きます。

 

個人的な感想

 

アルプスピアホームは今人気も知名度も上がってきているハウスメーカーだと思います。

CMも見るようになりましたし、多くの展示場でも見かけるようになり勢いがあります。

一方でその割に社員が少なく打ち合わせもなかなか予約が取れず家が建つまでに時間がかかるという噂もありますね。

本当のところは定かではありませんが、展示場で説明を聞いた感じでは、温かい対応で説明も詳しくしてくださり、対応面での印象は良かったと感じています。

見学後も変な勧誘はないです。

 

いろいろ見て回って、結局平均的に色々備わっているアルプスピアホームでという方も多いのではないかな…。

 

価格自体も大体すべての工務店・ハウスメーカーと比較してコスパがいい方ではないかと思います。

気に入るプランが低コストの物であれば低価格で高性能のうたい文句通りになりそう。

ただ、プランによっては2000万円を超えてくるので、そうなると他のハウスメーカーや工務店でより良い物を同じ価格で作れないか見積もりを出してもらって比較する必要があるかなぁと思います。

 

ただ、価格が明瞭というのが大きな安心ですよね・・・。

 

なんだか他の会社だと、価格面が不明瞭なことも多いですし、最終的に見積もりよりかなり値段が上がってしまったという話もよく聞きます。

 

その辺りは実際に建てた方の話などを参考に比較検討していきたいところですね!!

 

すでに5件ほど展示場を見て回っておりますが、まだまだ見に行ってみる予定なので、最終的にみたとこ全部比較してまとめたいなぁと思います。

 

長野住宅公園レポート 子連れお出かけにもおすすめ
長野住宅公園に行ったレポート。まず行くべき場所、どんなことが聞けるのか、どんな対応だったかなど実際に行ってみた感想をまとめました。今回はアルプスピアホーム・サンプロ・一条工務店で説明を聞いてきましたよ。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました