>>来週の夕食は宅配弁当に全部任せよう

コツはここ!!紙に描いた線画を抽出してデジタル画に使う方法(メディバン) 

線画抽出
スポンサーリンク

「今までアナログ画を描いていたけれどデジタル画にも挑戦したい!!」

 

でも、アナログで描くのとデジタルで描くのとでは、描く感覚に差があるので、慣れるまでもどかしく感じることもありますよね。

そんな方に、紙に描いたアナログの線画を抽出し、そのままデジタル画に使用できる方法を紹介したいと思います。

この方法を使えば、紙に描いたイラストにデジタルで色塗りが出来る!!

気軽にデジタルイラストデビューできますね。

 

今までアナログ線画の抽出が上手くいかなかった方も、きっと上手くいくコツとポイントを押さえてありますよ!!

 

なお、今回使用するのはスマホアプリのメディバンなので、パソコンが無くてもOKです。

 

まずは紙に絵を描こう

 

白い紙に、鉛筆でイラストを描き、ペンでなぞります。

紙に描いた線画

 

余白は後で切り抜くことが出来るの気にしなくても大丈夫!!

 

  • 後で色を塗るときにはみ出してしまわないように、丁寧に描いておくとGOOD
  • 汚れや消しカスも取り込んでしまうので消しカスはしっかり払っておこう

 

線画をメディバンに取り込もう

 

1、メディバンを開く→新しいキャンバス→カメラで撮影してインポートをタップ

メディバンホーム

 

 

2、先ほど描いたイラストの写真を撮る

イラスト写真

 

影が入らないように撮ること!!部屋の電気の光よりも、窓からの光で撮る方が影が入りにくいかも。部屋の電気の光で撮るときは、紙を垂直に持って撮ると影が入りません。

 

3、写真を使用→線画抽出するをタップ

 

4、シャドー、中間調、ハイライトを調節して出来るだけ背景を白くする

線画調整 線画調整後

 

まず中間調のスライダーをいけるとこまで右側にスライドし、その後、ハイライトをいけるところまで左側にスライドするという方法が一番うまくいきやすかったです!!

 

5、完了をタップ→線画抽出レイヤーを保護→線画抽出完了です

線画抽出完了

 

6.左上のアイコンをタップ→ペンやバケツで色を塗ることも出来ます。

線画にバケツで色塗り

 

7.余分な余白を切り取って保存しましょう。

左上のアイコン→選択ツールをタップ→使いたい部分を囲みます

トリミング

 

 

左下2番目のアイコン→トリミングをタップ

トリミング

 

切り抜かれました

 

トリミング

 

あとは、左下の3本線のハンバーガーアイコン→新規保存

で保存完了。

マイギャラリーの中に保存されているはずです。

 

色塗りができたから、今度は線画もデジタルで頑張りたい!!という方はこちらへ

【初心者】簡単なデジタルイラストの描き方!スマホと指で描く方法
ツイッターのアイコンやブログの挿絵をデジタルイラストで描きたい方必見!画像入りの手順で初心者でもスマホと指で今すぐ描ける描き方を紹介します。

 

後に4コマ漫画などで使用したい場合

 

抽出した線画を、後に4コマ漫画などで使用したい場合は、素材内のアイテムに保存しておきましょう。

 

素材に保存します。

1、右下のアイコン→アイテム→+アイコンをタップ

素材に登録

 

2、キャンバスから追加をタップ

キャンパスから追加

 

3、保存されました。

素材に登録完了

 

 

これで、4コマ漫画用の原稿画面を開き、保存したイラストを使って4コマ漫画を描くことが出来ます。

4コマに使用

 

 

詳しい4コマ漫画の描き方はこちらの記事へ↓

【初心者向け】デジタル4コマ漫画の描き方!紙と鉛筆とスマホだけで描く方法(しかも無料)
お金をかけずに、紙と鉛筆とスマホだけでデジタル4コマ漫画を描く描き方を具体的な手順と共に紹介しています。初心者でも大丈夫!使用アプリはメディバンです。

 

まとめ

 

どうですか?線画抽出のコツを掴むことは出来ましたか?

 

実は、私は今まで何度もアナログ線画をデジタルに抽出しようとして上手くいかないという日々を過ごしておりました…。

そんな中、今回、ツイッターで出会ったひまりさんにアドバイスを受け、無事成功!!

私と同じように上手くいかず苦労されている方のために、失敗しないコツとポイントをまとめさせていただきました。

 

誰もが簡単にデジタル画への一歩を踏み出せるように!!

そんな願いをこめてお届けします。

 

さぁ!!あなたもデジタル画デビューしてみませんか???

 

今回お助けいただいたひまりさんは、デジタル画を描くための様々なツールやソフトを経験されており、とても丁寧に、親身になって相談にのっていただきました。

そんなひまりさんのツイッターアカウントはこちら(@himari_site)

本当にありがとうございました!!

 

>>その他デジタルイラスト・育児漫画記事一覧はこちら

>>ゆるばた生活トップページはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました