>>カテゴリー別おすすめ記事一覧

切迫早産退院後の体力低下 〜2か月安静にした私のケース〜

スポンサーリンク

切迫早産で入院するとずっと寝たきりの生活が続きますよね。

そうなると心配なのが退院後の体力低下。

 

出産・産後の子育てには体力が必要と聞くけれど、ずっと寝たきりで大丈夫かしら。

 

と不安な気持ちになる方も多いはず。

 

今回は1カ月自宅安静+1カ月入院=2カ月絶対安静を経験した私が

  • 退院後どれくらい体力が落ちていたか
  • 出産・産後・子育てに体力低下の影響はあったのか

についてお話ししたいと思います。

 

なお、私は元々それほど体力に自信があるタイプではなく、文化部系の人間だったことを踏まえてお読み下さい。

 

私の切迫早産中の安静度

 

私は1カ月自宅安静、1カ月と1週間入院を経験しました。

 

自宅安静中の安静度はトイレ・食事・検診の時以外はほとんど寝たきり。

お風呂は3日に1回。

家事は一切していませんでした。

 

入院中ももちろん同じような安静度。

36週に入った頃に少しずつベッド上で行うストレッチを教えてもらい、退院3日前位には談話室までの散歩を許可されました。

つまり、約60日間トイレと食事と検診の時以外は寝たきりで過ごしていました

 

詳しい安静期間の生活はこちらをチェック

切迫早産で自宅安静中の過ごし方 ちょっとの緩みで入院に【体験談】
切迫早産自宅安静から入院に。どれくらい安静にしていて、どれくらい緩めたら入院になったか。安静中の生活の工夫も合わせてまとめました。
切迫早産で入院中の過ごし方【体験談】
切迫早産で入院中の過ごし方は?食事は?点滴の副作用は?といった疑問にお答え。入院中に驚いたことや入院中起きた事件についてもまとめました。

 

退院後の体力低下具合い

 

37週の正産期に入った日に退院してきた私。

どれくらい体力が落ちていたかというと、床に座ったら自力で立つのが困難なレベルでした。

病院にいる間はベッドから移動したり椅子に座ることはあっても、床に座ることは無かったので、実家の畳に座って立とうとした時唖然。

這っていって机や壁につかまって立つという状態だったのです。

 

病院では、「出産までの間に出来るだけ身体を動かしてね」と言われていたのですが、正直日常生活を送るだけでも息があがっていました。

ここで私は「こんな状態ですぐに出産を迎えられない」と少しずつ身体を動かし、あまりガツガツは動かさなかったんです。

理由はすぐにお産が来たら困るから。

今考えるともう少し負荷をかけて体力を戻しておいた方が良かったのではないかとも思います。

 

  • 体力の落ち具合は地べたに座ると自力で立ち上がるのが困難なレベル
  • 日常生活を送るだけでも息が上がった
  • それでももう少し体を動かして体力を戻しておけばよかった

 

 

出産時への影響

 

結果私が出産したのは退院後から1週間と2日が経った日の妊娠38週のときでした。

 

病院についてから生理痛のような前駆陣痛が丸一日続き、その後本陣痛へ。(ほとんど眠れず徹夜)

本陣痛になってからは6時間ほどで産まれました。

 

分娩台に上がってからは頭がボーーっとモヤがかかったような感じで、痛みもあまり感じず、放心状態になっていたのを覚えています(半分朦朧としてたんじゃないかしら)

 

それでも無事に普通分娩で出産することができました。

 

産後2時間で病室へ移動するのですが、私は身体を起こすことが出来ず、ストレッチャーで病室へ。

その後丸2日間は自分で立ち上がろうとすると貧血を起こした時のように気分が悪くなってしまい、寝たきりで過ごしました。

 

座ることもできなかったので、ご飯も夫に口まで運んで貰う状態でした……。

 

助産師さんに、「切迫早産で退院してから身体動かしてた?」

と聞かれたときに、日常生活を送るので精一杯でしたと言えなかったことをちょっと悔しく思います笑

 

  • 体力は落ちていたが、出産は大きな問題なく無事終えることが出来た
  • 産後は体力を使い果たしてしまい2日間寝たきりになった

 

子育てへの影響

 

産後1週間が経過して退院後、私はしばらく血圧が高くなりました。

(大体上が140くらいでした)

朝は特に動悸がして横になっていることも多く、子どもの世話以外は横になっていることが多かったです。

 

ちょっと1日外出したりすると熱をだしてしまうこともありました。

 

1カ月検診や母乳外来のときに血圧が高いことを指摘され、降圧剤を出すことも検討されましたが、どうやら処方するラインギリギリだったようで、結局薬は飲まなかったです。

先生からは、「出来るだけ抱っこもお家の方にしていただいて身体を休めるように」と言われました。

産後2ヶ月がすぎた辺りから次第に血圧も落ち着き、普通に生活できるようになっていきました。

 

  • 産後しばらくは疲れが出たからか血圧が高くなった
  • 体力が落ち、体調を崩しやすくなった
  • 最低限の子育てのみを行い、あとは周りのサポートに頼った

 

体力は低下する 出来るだけ周りのサポートを得よう

 

今回は

  • 切迫早産で長期安静にしていた場合、どれくらい体力が落ちたか
  • 体力の低下が出産・産後・子育てにどれくらい影響したか

についてまとめました。

 

正直、私はかなり体力が落ちてしまいました。

妊娠36週辺りから、もう少し身体を動かして体力を戻しておけば良かったかなと思っています。

 

しかし、元々体力がある方やもっている体質によってかなり個人差があるのではないかと…。

 

元々体力に自信がない私でも、出産は大きな問題なくすることができ、なんとか1週間で退院することもできました。

入院中に助産師さんに聞いたところ、切迫早産で入院していて、そのまま出産になる人もいるが、大抵の人は無事に出産できるとのことです。

 

あまり強い不安はもたず、産後サポートを得られる体制だけ考えておくといいかもしれませんね。

 

どちらにしても、産後少なくとも1カ月は授乳やオムツ替え以外は出来るだけ横になり、少しずつ体力を戻していくことが大切になってくると思います。

 

頼れるものは頼り、頼れる人がいれば出来るだけお世話になりましょう。

 

今は、妊娠中・産後に便利な宅配弁当や家事代行サービスなど色々なサービスもあります。

辛い時期だけでも、思い切って利用してみるのも手ですよ。

 

体力は確かに落ちる。

でも出産はちゃんと出来ることがほとんど。

産後は出来るだけサポートを受けよう。

 

あまり不安を抱え込みすぎず、赤ちゃんに会える日を楽しみにすごせるといいですね。

 

切迫早産関連おすすめ記事

【レビュー】nosh(ナッシュ)の宅配弁当は糖質・塩分オフでスタイリッシュ
noshの宅配弁当の特徴・概要・実際に食べた食レポ等詳細なレビュー。妊娠中・産後の方にもおすすめです。退会方法やデメリット点もまとめてあります。
切迫早産で入院! ビビりな私の点滴差し替え攻略法
切迫早産で入院中にビビりな私が編み出した点滴差し替え攻略法。この攻略法を始めてからは点滴の差し替えで失敗されたり痛くなったりすることは無かったです。これを読んで点滴差し替えの成功率を上げましょう!!

 

その他切迫早産記事一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました